地元住民がすすめる大船駅周辺情報

 JR大船駅は、小田原、熱海方面と鎌倉、横須賀方面への分岐点として3路線が乗り入れ乗降客が神奈川県内でも多い駅です。

駅東口は、駅ビルや商店、飲食店などが集まる賑やかな商業地域です。駅の改札口から連絡している「大船ルミネウイング」は食料品から衣料品、雑貨、化粧品、書籍、整体マッサージ、レストランなど幅広いジャンルの店舗が入っていて、たくさんの買い物客で賑わっています。駅のすぐそばの仲通り商店街は、150以上の商店が並ぶ大船の名物ともいえる場所です。格安で商品が買えて大変便利です。

 かつて松竹大船撮影所があった場所には、鎌倉女子大学と鎌倉芸術館が建ち、大船の文教地区となっています。鎌倉女子大のキャンパス横を流れる砂押川沿いには桜がたくさん植えられており、満開時には見事な景観で地元の人々の憩いの場となっています。

 病院は、女子大の横に大船中央病院がありますが、駅の西口側に湘南鎌倉病院という大きな総合病院があります。高度な検査機器や設備があり、心臓外科や産婦人科など全国的に有名なドクターがいるので遠方からの患者も多い病院です。もちろん救急外来も備わっています。

 大船駅の西口側は、静かで緑も多く、県立フラワーセンターという大きな植物園もあります。また、有名私立男子校、女子校があり学生が多いです。2011年に歩行者デッキが完成し、駅からバスターミナルまで雨に濡れずに行かれるようになりました。

大船でショッピングするならこちら:大船ルミネウイングの公式サイト